家具 インテリア 雑貨のインテリアショップ  
 
このページではブランドの紹介しています。ブランド名クリックで商品の詳細ページへ進みます。
 家具 インテリア 雑貨のインテリアショップ >> ブランド
インテリア照明 インテリア照明
ソファ ソファ
チェア チェア
テーブル・デスク テーブル・デスク
キッチン モダンアジアン家具
キッチン キッチン
キッチン キッチンブランド
収納 収納
インテリア雑貨 インテリア雑貨
時計 時計
デザイン家電 デザイン家電
デザイナー デザイナー
ブランド ブランド

hhstyle.com-デザイナーズ家具のオンラインショップ
イームズチェア、ネルソンクロック、イサム・ノグチAKARIなど有名デザイナーの名作家具や雑貨の正規販売店。

logo_86_56
さまざまな分野で活躍する「その道のプロ」が、自分らしい生活を自らの手で作り出したい方々へ向けて、その視点や経験を生かして商品を提案するショップです。

animation01_120x60
モダンアートとグッドデザインの粋がラインアップ。ニューヨークのMoMAに行った気分で、世界のモダンアート&デザインをお楽しみください。

ブラウデザイン(デザイン雑貨) 北欧やドイツからインテリアや家電、雑貨を紹介!「上質な時間」を提案します。

NUTS
傑作デザインプロダクトのセレクトショップ。レア物・限定品は要チェック!

アンジェ(インテリア雑貨)
インテリア雑貨セレクトショップ。家具・キッチン・家電・照明・リラクゼーショングッズなどの通販。

インテリアショップ e-goods
オシャレでリーズナブルな家具や雑貨を多数ご用意しております。

アートワークスタジオ
シンプルで機能性の高いオリジナル照明、時計、インテリア雑貨を販売。

mmis
キッチンアクセサリーからデザイン家電・家具などさまざまな商品が揃っています。

SEMPRE.JP
暮らしを楽しくするデザインの美しい家具、インテリア雑貨を販売しております。

Craff
北欧の食器、バック、雑貨、照明、ハンス・ウェグナー等の名作商品を扱っています。
±0(プラスマイナスゼロ)

±0(プラスマイナスゼロ)

デザインという知恵を使って、本当に欲しかったモノを
設立国:JAPAN
設立年:2003年
デザイナー:深澤 直人
デザイナープロフィール:
米国でのデザインコンサルティング会社勤務後、2003年に独立。携帯電話のデザインや、大手、海外メーカーのプロジェクト、コンサルティングも多数。大学教授でもある。過去のデザイン賞は50賞超。

ALESSI(アレッシィ)

ALESSI

1921年、イタリアに金属製品の工房として設立、高品質で機能性にとんだステンレス製キッチンウェアメーカーとして名声を博しました。
 1995年頃から数々の著名なデザイナーとのコラボレーションを開始し、機能性とデザイン性を兼ね備えた数々の製S品を発表し続け、キッチン・ハウスウェアのトップブランドとしての地位を築き上げました。
 現在ではシンプルで優美なステンレス製品、清楚な磁器・グラス類、樹脂製品へとその世界を広げています。

amadana

amadana

「インテリアとしての家電」を実現するブランド、amadana(アマダナ)は、「これでいい」ではなく「これでなくては」というインテリアとしての愛着の対象を目指した「美しい家電」をコンセプトとしています。

無印良品

無印良品

「わけあって、安い」をキャッチフレーズとし、安くて良い品として開発された無印良品。1980年、良品計画の母体である西友の自社開発の経験を基にノーブランドの商品発想でつくられました。
商品開発の基本は、生活の基本となる本当に必要なものを、本当に必要なかたちでつくること。そのために、素材を見直し、生産行程の手間を省き、包装を簡略にしました。この方針が時代の美意識に合い、シンプルで美しい商品が長く愛されてきました。

    
danese(ダネーゼ)

DANESE(ダネーゼ)

デザイン好きの間で伝説のように語られるイタリアンミッドセンチュリーのブランド。1957年イタリア・ミラノに設立され、デスクトップアクセサリー、生活用品を中心にデザイン史に残る数多くの名作を発表している。2000年のミラノ・サローネにて衝撃の復刻を遂げ、ブルーノ・ムナーリ、エンツォ・マリ等の巨匠デザイナーの作品を次々と復刻。さらに現在の気鋭のデザイナーによるNEWプロダクトも合わせて発表している注目のブランド。

ルイスポールセン (louis poulsen)

ルイスポールセン (louis poulsen)

ルイスポールセン社は1874年にデンマークで設立されました。1920年代半ばより、気鋭のデザイナーで建築家でもあったポール・ヘニングセンとの協力関係を築き、照明器具の開発を開始したことが社の発展の基礎となりました。
デザインのためのデザインではなく、あくまでも良質な光を生むための《機能的で美しいデザイン》。グレアを抑え、光の反射や拡散をコントロールすることで、建築やランドスケープを理想的に見せ、空間の美しさをひきたてるようなデザインこそが、ルイスポールセンのデザイン・コンセプトです。